前へ
次へ

医療改革の中で求められる機能が対人業務へとシフト

国は、地域包括ケアシステムに対応する方策として、かかりつけ薬局を打ち出しました、ICTを活用した服薬の一元管理が時間外や在宅など、サービス対応の多様化、医療機関の連携、さらには、健康サポート薬局としての役割や薬剤師の職能の拡大など、多くのことが盛り込まれています。トータルすると、これまでの薬中心の対物業務から、患者中心の対人業務へのシフトチェンジが大きな道筋として示されており、かかりつけ医の患者とともに、かかりつけ機能を強化する存在として、薬剤師に大きな期待がかかっているのが現状です。高齢化が進むことにより、地域のクリニックなどの役割は、ますます増大していきます。近年は、ホームドクターは、総合診療医などへ、病院医が転身する動きも出てきています。こうした医療費の削減や医療サービスの向上に薬剤師は欠かせない存在となっており、かかりつけ薬局として、役割を果たしていくことが非常に重要になっています。

Page Top