前へ
次へ

弁護士会について、ご紹介します。

弁護士会とは、地方裁判所の管轄区域ごとに設立されており、弁護士の品位を保持し、弁護士事務の改善・進歩を図るために、弁護士の指導・連絡・監督に関する事務を行う法人のことです。全国の弁護士会は、日本弁護士連合会を組織しています。弁護士会の歴史は明治時代にさかのぼり、明治憲法のもとでは、政府による弁護士統制の機能も果たしていたとされています。1949年に公布された改正弁護士法によって、自治権を有し、監督官庁を持たないということになっています。弁護士法36条には、「弁護士名簿に登録された者は、当然に入会しようとする弁護士会に会員となり、登録替えを受けた場合には、これによって旧所属会を対退会する」とあります。

Page Top