前へ
次へ

医療関連企業の未来を担う研究・開発職

製薬メーカーでの薬剤師の仕事は、医療情報提供者以外にも、研究、開発職があります。通常、新薬の開発は、基礎研究から創薬、動物実験などの非臨床試験、さらに人間を対象とした臨床試験を経て、ようやく承認の運びとなります。このうち、非臨床検査までを行うのが、研究職で、臨床試験から承認を行うのが開発職です。新薬の開発には、10年以上の歳月と10億円を超える投資が必要だとされていますが、成功すれば、莫大な収益につながることから、製薬メーカーの中でも重要なポジションです。社運がかかるといってもいい職種なので、待遇はいいですが、薬剤師の免許があれば、誰でもなれるというものではありません。専門性の高さが求められ、最低でも修士課程以上の学歴は必要です。すぐに結果を出したいという人にとっては不向きですが、医療従事者の一員として、時間をかけて新薬の誕生にかかわるのは、研究志向の高い人にとっては大きな魅力になります。

Page Top