前へ
次へ

医療情報担当者として自社製品を普及させて社会貢献

薬剤師の製薬メーカーでの仕事は、おもにMR職、研究職、開発職などがあげられます。MRは、医療情報担当者のことです。自社の医薬品に関する特徴や副作用、有効性などの情報を医師や薬剤師に提供するのが主な業務です。医薬品の適切な用法を示すことで、患者の安全性を確保しつつ、自社製品の売り上げを伸ばし、普及させることが重要なミッションになります。企業にもよりますが、給与は高い傾向にあり、手厚い待遇のところが多いです。営業職という側面もあるので、向き不向きはありますが、人とコミュニケーションをとるのが好きな人や自社製品の普及を通して、社会に貢献したい人には適した職種です。ただし、MR職は、勤務時間が医療機関、特に医師の都合に左右されることがあるので、時間に制約がある人によっては、やや難しくなります。薬剤師の職場は、ほかにも、調剤薬局や病院勤務をはじめ、あらゆるものがあるので、自分に適したところを探すことが大事になります。

Page Top